おしりのニキビ痕を治す方法

おしりのニキビ跡は、自然治癒では消えない

このサイトでは、おしりに繰り返しできるニキビや黒ずみ、
デリケートゾーンのお手入れ方法についてアドバイスしています。

 

ニキビはニキビですから、顔もお尻も同じなんですけれど、顔の場合は洗顔に加えて、食生活等の改善も大きく関係してくるのに対して、

 

おしりニキビの場合は、 「 お手入れ不足 」 っていうのが大きいと思います。

 

 

蒸れやすく刺激を受けやすいところなのに、
十分にケアできていないためにニキビが出来ちゃうんですね。
ですから日常的には 薬用ピーチローズ ( Peach Rose ) などを使って、
お尻ケアを習慣にしてあげる、というのが大事です。

 

 

おしりのお手入れが習慣化してくれば、
次第にニキビもできにくいお肌環境になってきますが、
すでに ニキビ跡 ( にきび痕 ) がしっかり残ってしまっている場合だと、
ちょっと特殊な対策が必要でしょう。

 

お肌にはターンオーバーという生まれ変わりがあって、
約1か月の周期で新しいお肌に変わっています。

 

しかしニキビ跡の場合は、ふだんのターンオーバーだけでは回復しないんですね。
傷跡になってしまっているので、自然治癒は難しいんです。

 

お肌を再生させる3つのアプローチ(にきび痕治療)

こういうニキビ跡を治療する基本的な方針は、
お肌の持っている再生能力を引き出す、です。

 

レーザー治療でもピーリングでもそうなんですが、
あえてお肌に刺激を与えることで、新しいお肌に生まれ変わるように仕向けます。

 

ここでは具体的に、ニキビ跡を消す方法として、
3つの方法を紹介しようと思います。

 

 

 

レーザー治療

まずひとつめ、おそらく一番効果が期待できるのは、
レーザー治療じゃないかと思います。

 

ひとことで 「 レーザー 」 といっても、フラクセル1、フラクセル2、フラクセル3、フラクショナルレーザー、エコツー、スターラックスXD、サイトン・・・といろいろ種類があって、ハッキリ言って良くわからないと思いますが。

 

ともかく共通していることは、
特殊なレーザーをお肌に照射して、お肌の再生機能を刺激する ということです。

 

 

レーザー治療の場合は皮膚科クリニックなどで施術することになりますが、
当然何度も通うことになるのと、自由診療、つまり健康保険が使えないので治療費が高くなること、
だいたい 「 数万円から数十万円 」 はかかります。
あとはお尻という、場所が場所だけに恥ずかしいというのがネックでしょうか。

 

顔のニキビ痕治療などでレーザーを利用されている方はたくさんいますね。
ちなみに顔に施術した場合、術後はかなり赤みが出るので、1週間はマスク着用、
可能なら仕事もお休みを取ったほうがいいでしょうね。

 

 

 

ダーマローラー

つぎの方法はダーマローラー。
小さな針のついたローラーをコロコロと転がして、お肌に微細な穴をあけます。

 

こうすることで、皮膚にダメージを与えることなくコラーゲンが作られるようになります。
(※皮膚へのダーマローラー使用前には エムラクリームキシロカインジェル などの表面麻酔が必要です。)

 

 

見てるとちょっとエグいですし、痛そうですけれど、
傷の回復をはやめる最新のアンチエイジング法なんです。
ちなみにクリニックでやってもらうと、料金は一回当たり2万円〜4万円くらいだと思います。

 

 

 

あとは、自宅で自分で使いたいということで、
ダーマローラーを個人輸入している人もいます。

 

自宅でダーマローラーを使いたいという方のために、
購入先をいくつかご紹介しておきますね。

 

ダーマローラービューティーマウス (BeautyMouse) : ボディー用

ダーマローラー : 顔用

 

 

 

ピーリング石鹸

最後3つめは、ピーリングとスキンケアの併用です。
ニキビ跡治療としては一番ソフトな方法になりますね。

 

皮膚科などで、高濃度の酸をつかったケミカルピーリングをしてもらってもいいですし、自宅でやりたいということであれば、ピーリング石鹸などがお手頃です。

 

まあお尻ですから・・・自分でやった方がいいですよね。
クリニックだと高いし。

 

 

ちなみにピーリング石鹸なら、スキンピールバー などが人気です。
全国2,500のクリニックでも使われているという信頼できる商品です。

 

 

こういったピーリング石鹸をつかって古い角質を落とし、
お肌のターンオーバーを促進させます。

 

ここでさらにプラスαとして、リプロスキン (Reproskin) という柔軟化粧水を組み合わせて使うことで、
お肌に柔軟性を持たせることができます。
ニキビ跡のケアとして使ってる方、結構いますよ。

 

 

 

というわけで、おしりに出来てしまったニキビ痕の治し方として、 「 3つの方法 」 をご紹介しました。

 

お尻という場所柄、ひとに見られるのは恥ずかしい・・・ということを考えると、取り組みやすいのは2番目のダーマローラーか、3番目の自宅でピーリングでしょうか。

 

参考にしてくださいね。

 

消す・治す!おしりニキビ跡(にきび痕)の治療法 <薬を使わない>関連ページ

おしりのブツブツ対策
下着の摩擦をうけ蒸れやすいお尻は、どうしてもブツブツができやすい状況にあります。長時間自転車に乗ったり、デスクワークが長い人もニキビができやすい傾向に。ヒップケアを習慣にして、たっぷりと保湿してあげましょう。
デリケートゾーンの黒ずみケア
女性の陰部が黒ずんでいるのはメラニンの色素沈着が原因だといわれています。美白したいときはその効果もさることながら、安全で無害な商品を使うことを忘れないでください。アソコって、とってもデリケートな部分ですからね。
おしりと太ももの間の色素沈着を何とかしたい
おしりは椅子に座ったときの摩擦によって黒ずんでしまうことがあります。刺激を受けたことでメラニンが作られ、それが色素沈着を起して黒くなると考えられています。これを解消するには、お肌のターンオーバーを促すのが一番です。
アソコにニキビみたいな吹き出物ができて困ってます
アソコ(陰部)周辺にできる白いデキモノは毛嚢炎の可能性が高いです。ニキビのようなものですので、清潔にしておけば放っておいても治りますが、心配な方は婦人科などで診てもらうといいでしょう。
デリケートゾーンのニオイ対策
アソコの臭いが気になる方は、ジャムウ石鹸でお手入れしましょう。お肌に優しい天然由来成分を配合しているので、繊細なデリケートゾーンにも安心して使えます。なかでも口コミで評判のいい売れ筋2商品を紹介しています。

このページの先頭へ戻る